未分類

枝豆の鮮度はどう見極める?茹で方のコツは?

ビールのおつまみには欠かせない枝豆。上手に茹でて美味しくいただきたいですね!

そのためにはまず新鮮な枝豆を選びたいところ。茹で方のワンポイントもお伝えします。

枝つきがおすすめ

枝から外されて袋詰めされている枝豆をスーパーでよく見かけます。手間がかからずとてもありがたいのですが、枝から離してしまうとどんどん鮮度が落ちてしまうので、枝つき枝豆がオススメです

そして、枝の筋の感覚が短く、さやが密生していて鮮やかな緑色。そして身がパンパンに膨らんでいるものを選ぶとよいです。

茹で方のポイントは?

1 枝から切り離してさやの両端をハサミで切り落とす。
 両端を切り落とすと、茹でた時に塩味が豆に行き渡ってGood!

2 塩でもむ。
塩は全体にしっかり絡むくらいの量で。鮮やかな緑色に仕上がります。

3 沸騰したお湯に塩を入れ3〜5分茹でる。
揉み込んだ塩はそのまま。予熱で柔らかくなるので少し硬めに茹で上げてください。

4 ザルにあげて冷ます。
茹でた枝豆は水にさらしては×。水っぽくなってしまいます。

まとめ

塩茹でするだけの枝豆ですが、少しコツを押さえるだけで更に美味しくいただくことができます。おつまみやおやつにもぜひどうぞ♪